ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■金属
 カブシキガイシャホウセンプレシジョン
株式会社宝泉プレシジョン

Hi−ジンク・プロセス(均一膜厚のノーシアン亜鉛めっきプロセス)
企業情報
 住所 〒373-0034 太田市藤阿久町968
 TEL 0276-31-2904
 FAX 0276-31-7117
 URL
 E−mail hohsen@sunfield.ne.jp
 
会社概要
 代表者氏名 神保 益夫
 主要製品 金属表面処理(電気めっき)
 資本金 1,500万円
 設立年月 昭和28年7月
 従業員数 45人
技術の名称 Hi−ジンク・プロセス(均一膜厚のノーシアン亜鉛めっきプロセス)
技術の内容
優れた均一電着性を持つ電気亜鉛めっきプロセスでの量産の中で以下の特徴を実現させました。
(1)従来の電気めっきでは難しかった精度の高い均一膜厚の電気めっきが出来ます。
(2)低電部(めっきがつきにくい部分)へのめっきの入り込みが画期的です。
(3)高電流作業でもめっきの厚みのバラツキをコントロールできるため、生産量の大幅な増大が出来ます(1.2〜1.4倍)。
最終的には電気めっきでありながら、無電解めっきのような「膜厚の均一性」を持つめっきを量産状態で実現したいと考えています。
我が社の自慢
各種素材(アルミ、ステンレス、マグネシウム等)に高機能(耐蝕、硬度、耐熱、潤滑、電導性等)を付加する表面処理を行います。
高耐食の亜鉛系合金メッキ(スズ・亜鉛、ニッケル・亜鉛、鉄・亜鉛等)すべて可能です。
電気めっきで、1〜2ミクロンの公差で仕上げます。

このページを印刷する方法