ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■繊維品
 ゴウシガイシャゴトウ
合資会社後藤

緯錦丸帯
企業情報
 住所 〒376-0034 桐生市東1-11-35
 TEL 0277-45-2406
 FAX 0277-45-0510
 URL
 E−mail obi-goto@sunfield.ne.jp
 
会社概要
 代表者氏名 後藤 隆造
 主要製品 丸帯、七五三祝帯、袋帯、小巾袋帯、和の小物
 資本金 500万円
 設立年月 明治3年
 従業員数 13人
技術の名称 緯錦丸帯(ぬきにしきまるおび)
技術の内容
帯の中で最も格の高く、豪華な帯が丸帯です。幅約70cmに織り上げた帯地を半分に折り、縫い合わせるので、表裏同じ模様が出来ます。全通柄で織り上げるため豪華且つ変わり結びも可能です。伝統的工芸品「桐生織」の織り技法の内のひとつ、緯錦織技法を使った当社の緯錦丸帯は有抒織機を用い、10色以上の色糸、箔、金銀糸等それぞれ種類の違う緯糸を組み合わせて模様を織り上げます。丸帯を製織出来るのは西陣の数社と桐生では当社だけです。
我が社の自慢
伝統技法は一度途切れると、その復活は非常に困難です。当社は伝統の技術、技法を絶やすことなく、現代の和の美を追究して多種の帯を作り出しています。丸帯の技術を用いたタペストリー、草履、バッグ等も作っています。

このページを印刷する方法