ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■繊維品
 ユウゲンガイシャコウアヒフクコウギョウショ
有限会社興亜被服工業所

遠赤外線面状発熱体を使用した制服等の研究開発
企業情報
 住所 〒374-0027 館林市富士見町17-16
 TEL 0276-72-4724
 FAX 0276-72-4726
 URL
 E−mail
 
会社概要
 代表者氏名 葭葉 和尊
 主要製品 警察防寒服、消防服、諸官庁作業服
 資本金 800万円
 設立年月 昭和16年1月
 従業員数 110人
技術の名称 遠赤外線面状発熱体を使用した制服等の研究開発
技術の内容
当社は、熊谷市内の企業が開発した「遠赤外線面状発熱体」の技術を業務用制服に応用し、製品化する研究を同社と共同で行っています。面状発熱体とは、綿100%の織布に特殊加工を施し、通電性塗料をコーティングしたカーボンが電気を両端の電極に向けて流すことにより発熱するものです。本来は、ロードヒーティングや床暖房、農事用中心に量産されるものです。
我が社の自慢
当社は、長年培ってきた縫製技術及び特殊機械を利用して面状発熱体を利用した製品を提供する全国唯一の企業であり、携帯バッテリーを利用して電気を流し発熱させる防寒服の試作を始めています。

このページを印刷する方法