ものづくり立県 ぐんまの1社1技術
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■その他
■平成14年度選定
 カブシキガイシャメイリン
株式会社明輪

ゴム組成物のゼロエミッション化を図る活性炭製造技術
企業情報
 住所 〒379-1116 渋川市赤城町持柏木981
 TEL 0279-56-5638
 FAX 0279-56-5812
 URL http://www.meirin-r.co.jp
 E−mail info@meirin-r.co.jp
 
会社概要
 代表者氏名 渋谷 博文
 主要製品 タイヤチップ(代替燃料として)、ゴムチップ(原料として)
 資本金 4,000万円
 設立年月 昭和63年7月
 従業員数 27人
技術の名称 ゴム組成物のゼロエミッション化を図る活性炭製造技術
技術の内容
処理困難物である廃タイヤをゴムチップ化し、それを原料として活性炭を製造する技術です。工程は乾留、賦活の2つの工程に分かれます。乾留工程では炉内のタイヤチップを間接的に高温ガスを循環させてガス化し炭化物を作ります。その際に発生する乾留ガスを一部冷却して油化し、ガスと油を代替燃料として利用します。また、出来た炭化物を賦活炉で高温の水蒸気等によって、賦活処理を行い活性炭を製造します。これは当社独自の新技術てあり、「ゴム製造物の処理装置、および処理システム」として特許を得ています。
我が社の自慢
弊社は廃タイヤ処理の専門業者です。車社会の発展と共に増加する処理困難物の廃タイヤを、代替燃料や再生ゴム原料等のサーマル、或いはマテリアル・リサイクルすることによって再利用を図っています。タイヤの原料でもある有限の天然資源「石油」の再資源化を目指し、循環型社会の実現に貢献しようと日夜努力を重ねています。

このページを印刷する方法