ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■繊維品
 ハギワラセンショクカブシキガイシャ
萩原染色株式会社

反応染色を仲立ちとする染色とセリシン・フィブロイン付着の同時加工技術
企業情報
 住所 〒376-0013 桐生市広沢町1-2509-1
 TEL 0277-52-2721
 FAX 0277-53-9101
 URL
 E−mail
 
会社概要
 代表者氏名 萩原 啓史
 主要製品 天然・化合繊の染色加工
 資本金 1,000万円
 設立年月 昭和42年8月
 従業員数 4人
技術の名称 反応染色を仲立ちとする染色とセリシン・フィブロイン付着の同時加工技術
技術の内容
群馬県繊維工業試験場が研究開発した繭毛羽を利用した絹タンパク質抽出技術により抽出したセリシンを、反応染料を仲立ちにして、バインダーや架橋剤等を使用することなく、直接繊維(綿・レーヨン等のセルロース繊維や絹・ウール等のタンパク繊維)に付着させることにより、繊維にセリシンの持つ人間の肌との相性に優れた独特の柔軟な風合いを加えるとともに、吸湿性、紫外線遮断性抗菌性等の機能が付与されることが見込まれます。
我が社の自慢
噴射式カセ染染色機による天然・化合繊の染色・加工をしています。お客様から注文された色をできるだけ忠実に再現し、また可能なかぎり高堅ろう度な仕上げになるよう日夜努力しています。一色一色に心を込めた染色を努力目標とし、近年顕著な多品種少量生産にも対応できるよう努めています。

このページを印刷する方法