ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■繊維品
 ヒラノオリモノユウゲンガイシャ
平野織物有限会社

櫛かき帯
企業情報
 住所 〒376-0006 桐生市新宿3-9-48
 TEL0277-44-3263
 FAX 0277-44-3287
 URL
 E−mail daisou@sunfield.ne.jp
 
会社概要
 代表者氏名 平野 平四郎
 主要製品 袋帯、京袋、細帯
 資本金 300万円
 設立年月 昭和25年12月
 従業員数 6人
技術の名称 櫛かき帯
技術の内容
「櫛かき帯」は経糸を上下、つまり上経糸(金糸)と下経糸(螺細金糸)に分けて製織し、製織後、櫛加工がし易いように、上経糸を緩めながら製織するものです。織り上がり後、仕立ての前に手作業にて「櫛」で経糸を「ヨロケ」させて生地そのものを面白く手織り風の感覚を出しています。また、従来は広い巾で製織することが大変難しかったのですが、コストダウンを目的に広い巾(70cmから140cm)のものまで織ることが可能になりました。利用方法は、帯だけでなく、バック、カーテン、雑貨類に最適です。
我が社の自慢
平成14年織物求評会において「櫛かき帯」が経済産業大臣賞を受賞し、またその他数多くの賞も受賞しました。当社は和装製品を中心に帯・小物用生地・高級人形生地等を製織しています。4200ジャカード・広巾対応の波筬・帯(二重織・三重織)・紗や羅織等特殊な織物も生産しています。

このページを印刷する方法