>
ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■一般機器
 シグマキキカブシキガイシャ
シグマ機器株式会社

熱可塑性樹脂の溶解減容化と再資源化技術
企業情報
 住所 〒373-0012 太田市清原町6-3
 TEL 0276-37-8366
 FAX 0276-37-8363
 URL http://www.ota-rc.e-arc.jp
 E−mail sigmakiki@herb.ocn.ne.jp
 
会社概要
 代表者氏名 守下  晃
 主要製品 廃プラスチックの再資源化装置
 資本金 1,200万円
 設立年月 昭和51年9月
 従業員数 15人
技術の名称 熱可塑性樹脂の溶解減容化と再資源化技術
技術の内容
年々増加する廃プラスチックは、大変嵩張る物が多く、その運搬や埋立て処分する際には効率が悪く、また焼却処分もダイオキシンの発生や地球の温暖化等々から大きな社会問題となっています。そこで当社では廃プラスチックのリサイクルが急務と考え、その前処理機械としての「溶融減容固化機」を独自開発してきました。当社の「溶融減容固化機」の特徴には廃プラスチックを溶融する熱媒体に「簡易蒸気」を利用する方式と「電気ヒーター熱とスクリューの押圧熱」を利用する方式があります。
我が社の自慢
廃プラスチックの「溶融減容機」では自社商品として北海道から九州、沖縄地方まで全国的に納入されています。最近では、プラスチックのリサイクル品として最終商品化できる機械の開発に成功しました。群馬発の「廃プラのリサイクルボード(ベニア板寸法)」の製造装置として売り出せる日も近いと確信しています。

このページを印刷する方法