ものづくり立県 ぐんまの1社1技術
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■その他
 カブシキガイシャサンビドウ
株式会社三美堂

海泥の高温焼成技術
企業情報
 住所 〒370-0801 高崎市上並榎町120
 TEL 027-362-7167
 FAX 027-362-7202
 URL
 E−mail sanbido@earth.ocn.ne.jp
 
会社概要
 代表者氏名 吉村 泰平
 主要製品 業務用食器、竹炭、セラミックス
 資本金 1,000万円
 設立年月 昭和49年4月
 従業員数 5人
技術の名称 海泥の高温焼成技術
技術の内容
海泥(軟質古代海洋性藻類腐植堆積沈殿鉱床)を多孔質の多元素セラミックとして、酸素結合の異なる素材を目的物に合わせて焼く環境構築技術です。クラーク数値に近似の微量多元素群を幅広く含有し、900〜1200度と高温焼成のエネルギーを付加する事により、各元素毎に多様な結晶が生まれ広大な接触面積を持つ、遠赤外磁力光線放射率96%の素材です。(還元性水質濾過材、炭素混合の床暖房赤外線増幅素材、イオン交換型セラミックスなど)
我が社の自慢
海泥セラミックスはイオン交換での緩衝作用によるpHの中和力が強く、濾過材ではイワナ、ヤマメや黒鯛、メジナを90cm水槽での5年間の水替え無しに挑戦した飼育実績があります。廉価な高温竹炭に少量混合で遠赤外線放射を増幅し床下暖房や調湿に機能します。浴用では発汗、ミネラル補給に拠る健康保持に利用されています。

このページを印刷する方法