ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■電気機械器具
 カブシキガイシャマルシン
株式会社丸新

板金加工の三次元化
企業情報
 住所 〒372-0827 伊勢崎市八斗島町911
 TEL 0270-32-0655
 FAX 0270-32-0657
 URL http://www.marushin-co.com
 E−mail info@marushin-co.com
 
会社概要
 代表者氏名 近藤 雅彦
 主要製品 コンピュータ筐体 通信機筐体製造
 資本金 2,500万円
 設立年月 昭和50年4月
 従業員数 25人
技術の名称 板金加工の三次元化
技術の内容
当社は、大型精密板金筐体の製造を主力とし、独自の生産技術を培ってきました。以前は二次元データのCAD/CAMシステムで、曲げ加工は作業者が三面図を見ながらの経験が必要な作業で、多くの時間を費やし、金型の選択曲げ順等人為的ミスもありました。そこで今回設計の三次元化に対応出来るCAD/CAMシステムを構築し、曲げ加工の自動化を推進するBEND/CAMを導入。他社に先駆けて実用化し、QCD(高品質、低価格、短納期)に寄与しています。
我が社の自慢
三次元データをCAD/CAM/BENDまで繋げ効率的な活用を図っています。多品種少量生産の筐体を(設計も可)組立まで行う提案型企業を目指す精密板金加工会社です。塗装も自社で行い短納期、低コストを実現しています。
平成15年 ISO9001取得。   平成16年 経営革新計画承認。
平成16年 導電塗装UL取得。 平成17年 ISO14001取得。

このページを印刷する方法