ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■繊維品
 キリュウトリコットカブシキガイシャ
桐生トリコット株式会社

車両シート向け複合材についての裏布技術
企業情報
 住所 〒376-0003 桐生市琴平町11-44
 TEL 0277-44-9078
 FAX 0277-43-8908
 URL
 E−mail k-tricot@ktv.ne.jp
 
会社概要
 代表者氏名 五十嵐啓友
 主要製品 ニット生地
 資本金 2,000万円
 設立年月 昭和35年11月
 従業員数 18人
技術の名称 車両シート向け複合材についての裏布技術
技術の内容
本技術に関しては、アキレス(株)と共同で開発し、特許として共同出願中であります。従来の車内シート材は、表皮・ウレタンフォーム・裏布を積層した複合材が使われ、近年、シートの構造が複雑化しており、凸凹構造において表皮側に皺が入ってしまう(不良品)傾向があります。皺の原因として裏布のトリコット生地の、縦の伸び率が悪い事が欠点として挙げられますが、この技術はその欠点を改善して皺の入りにくい複合材製造を可能にしました。
我が社の自慢
北関東ではトリコットの生産量は、トップクラスを誇る企業です。衣料・産業資材用として広く用途が有り、特に産業資材を中心に展開しています。自動車の内装材としても多くのメーカーに使用されています。又、介護用途等にも使用され、今のニーズに応え業績を上げています。

このページを印刷する方法