ものづくり立県 ぐんまの1社1技術
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■その他
 カントウロックウールカブシキガイシャ
関東ロックウール株式会社

ケーブル管用耐火防護装置およびケーブル管の耐火防護工法(クイックガード工法)
企業情報
 住所 〒370-1201 高崎市倉賀野町2172-1
 TEL 027-347-0169
 FAX 027-347-2951
 URL http://www.kantorock.com
 E−mail kikuti@kantorock.com
 
会社概要
 代表者氏名 飯嶋 慶太
 主要製品 保温・保冷・耐火防護材料
 資本金 3,450万円
 設立年月 昭和36年6月
 従業員数 100人
技術の名称 ケーブル管用耐火防護装置およびケーブル管の耐火防護工法(クイックガード工法)
技術の内容
既存の技術はマット状の耐火材・板状の外装材を巻付け調整の上施工していました。結果現場合わせ的な施工となり、品質・仕上り具合・作業時間等が不安定な物となりがちでした。対してクイックガード工法は、ワンタッチで装着可能な筒状の成型済み耐火材・すでにハゼ加工されたジャケット状外装材等のパーツを採用する事、更には、施工難易度が高く仕上がりが安定せず施工後の損傷も指摘される、支持金物の耐火防護を不要とするための保持金物を提案する事により、更なる工程数の減少・施工性・品質の向上・工事単価の低減・施工スピードの向上等の結果を実現しています。NETIS登録番号:TH−050004−A
我が社の自慢
「I’m here 暮らしのおそばに関東ロックウールがいます。」をキャッチフレーズに45年にわたり快適環境つくりの断熱・保温・吸音・耐火材を販売してまいりました。耐火防護工事の主流となっているセラミックをより安価な「高耐熱ロックウール:サーマルガード(自社製品)」とする新たな工法を提案・登録・公開(ネティス:国交省 新技術情報提供システム)する事により従来工法に取って代わるものとして多数の実績を積み上げています。

このページを印刷する方法