ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■食料品
 モテギショクヒンコウギョウカブシキガイシャ
茂木食品工業株式会社

水かき缶むし製法
企業情報
 住所 〒370-2624 甘楽郡下仁田町東野牧229-1
 TEL 0274-82-2626
 FAX 0274-82-4646
 URL http://www.zeitaku.jp
 E−mail info@zeitaku.jp
 
会社概要
 代表者氏名 茂木  進
 主要製品 こんにゃく製品
 資本金 1,200万円
 設立年月 昭和35年
 従業員数 20人
技術の名称 水かき缶むし製法
技術の内容
水かき缶むし製法は、こんにゃく粉を水(17度〜20度)で溶解し、静かに膨潤させます。この膨潤時間は90分程度です。次の工程で、中間練りを行い、のり状のこんにゃくをまんべんなく練ります。その後凝固剤(水酸化カルシウム水溶液)と練り合わせ、ステンレスの型枠に充填し密封して、80度のお湯を入れたタンクに沈め、約16時間熱をかけ、こんにゃくを熟成させる技術です。
我が社の自慢
群馬県産の特等粉だけを使用し、種類の違うグレードの低い原料は使用していません。また、水の温度や原料の濃度、凝固剤の種類によってかなり異なった食感のこんにゃくが出来あがるので、現代の食生活に合った食感やメニューに使える、商品開発に取り組んでいます。

このページを印刷する方法