ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■化学・飲料・たばこ・飼料
 カントウアセチレンコウギョウカブシキガイシャ
関東アセチレン工業株式会社

珪酸カルシウムを主体とした多孔質物を充填した溶解アセチレン容器
企業情報
 住所 〒377-0002 渋川市中村1110
 TEL 0279-22-3102
 FAX 0279-22-3104
 URL http://www.kak.jp
 E−mail info@kak.jp
 
会社概要
 代表者氏名 堀口 靖之
 主要製品 溶解アセチレン、固形マス(多孔質物)
 資本金 6,000万円
 設立年月 昭和34年7月
 従業員数 36人
技術の名称 珪酸カルシウムを主体とした多孔質物を充填した溶解アセチレン容器
技術の内容
アセチレンは不安定な化合物ですから、圧縮、液化して容器に貯えることが危険で出来ません。そこで、微細(0.5ミクロン位)な空隙で形成された多孔質物(多孔度90〜92%)にアセトン等の溶剤を浸透させ、このアセトンにアセチレンを溶解させて、多孔質物中に安全に貯えているのです。現在、最も優れた多孔質物は珪酸カルシウムの固形物です。これは容器内で一塊を形成し、高多孔度で軽く、強度もあり、不燃性の無機物です。
我が社の自慢
当社の誇りは、創業以来無事故であることです。今後も「人の和を大切に、謙虚に、誠実に」の理念の下、安全を第一とし保安には細心の注意を払い、安定した製品の供給を続けていきます。

このページを印刷する方法