ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■金属
 トウマセイレンカブシキガイシャ
藤間精練株式会社

無電解ニッケル、テフロン複合メッキ技術 レゾナコート
企業情報
 住所 〒370-0069 高崎市飯塚町1772
 TEL 027-363-0247
 FAX 027-363-4519
 URL http://www.tomaseiren.com
 E−mail info@tomaseiren.com
 
会社概要
 代表者氏名 藤間 一夫
 主要製品 カチオン電着塗装、無電解ニッケルめっき、無電解テフロンめっき
 資本金 1,000万円
 設立年月 明治40年4月
 従業員数 21人
技術の名称 無電解ニッケル、テフロン複合メッキ技術 レゾナコート
技術の内容
無電解メッキ技術の応用によりニッケル皮膜に20〜26%PTFEを含有させたニッケル、テフロン複合表面処理です。この特殊技術により、従来のフッ素コーティングやフッ素塗装技術では避けられなかったピンホールやエッジ部の膜厚変化の問題を大幅に改善しました。特性として、撥水性、非粘着性、低摩擦性、耐食性、膜の均一性、膜表面硬度(Hv400以上)導電性、熱伝導、耐摩耗性、母材との密着性等に大変優れた特性を持つ皮膜です。
我が社の自慢
類似の技術と決定的に異なる特長として、3層〜4層構造による複合メッキ技術であるという点を挙げる事が出来ます。これにより、類似技術を上回る皮膜特性を得る事が可能です。すなわち、多層構造の皮膜により、単層構造には不可能であったピンフォールを大きく軽減させています。主要な用途としては、半導体製造プロセス関連、樹脂及びゴム金型等、離型性、摺動性、滑り性などを求められる需要に対し広く対応可能な技術であります。小型精密部品から、大型部品(最大2300×1300×1300程度)まで、幅広く対応しています。

このページを印刷する方法