ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■金属
 カブシキガイシャサトウスチール
株式会社サトウスチール

NC三次元パイプベンダーを使った高精度・多段階パイプ曲げ加工
企業情報
 住所 〒370-2412 富岡市妙義町下高田3618
 TEL 0274-73-2800
 FAX 0274-73-2801
 URL http://www12.wind.ne.jp/sato-steel/
 E−mail sato-steel@xp.wind.jp
 
会社概要
 代表者氏名 佐藤 純代
 主要製品 パイプ加工、自動車部品加工
 資本金 1,000万円
 設立年月 平成8年12月
 従業員数 15人
技術の名称 NC三次元パイプベンダーを使った高精度・多段階パイプ曲げ加工
技術の内容
デザインに重点をおいた「インテリアやエクステリア商品」、あるいは「緩衝機能を持った商品」には、シンプル、軽い、錆びない、部品点数も少なくてすむなど多くの利点を持つ、パイプ曲げ加工によって実現が可能です。当社はこれらの要求を満足させるために、NC3次元パイプ加工機を最大限に活用する技術を確立しています。現在では、パイプ外形は最大60.5ミリまで加工可能です。また、パイプ外形10ミリ〜34ミリの数段階の加工治具をそろえて即納できるようにしています。
我が社の自慢
当社はパイプにこだわった仕事を続けてきました。鉄、アルミ、ステンレスのパイプの材質をまず吟味します。出来上がりの品質を重視するからです。曲げの限界、曲げで生じる歪の予測、許容交差を考慮して各種パイプの材質を選びます。パイプは生き物で、クセがあります。精度をクリアした部品を後工程の溶接・組立に送ります。研磨や塗装もグループ内企業で対応できます。パイプ加工を含む自動車部品・建築金物を必要とされるお客様には品質・コスト・納期の点で応えることが出来ます。

このページを印刷する方法