ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■プラスチック・ゴム
 カブシキガイシャイマイカセイ
株式会社今井化成

独創的な風力発電装置の構造物(流線型ダクト)をFRP成形で作る
企業情報
 住所 〒370-2604 甘楽郡下仁田町吉崎119-6
 TEL 0274-82-2199
 FAX 0274-82-2900
 URL
 E−mail french-bull-two@hotmail.co.jp
 
会社概要
 代表者氏名 今井  甫
 主要製品 自動車部品・工業部品のFRP加工
 資本金 1,000万円
 設立年月 昭和59年7月
 従業員数 2人
技術の名称 独創的な風力発電装置の構造物(流線型ダクト)をFRP成形で作る
技術の内容
効率の高い風力発電装置の「流線形ダクト(発電ユニット)」をFRPで仕上げる製造技術を確立しました。この「流線形ダクト」は外形が3.2M、長さ5Mと巨大なものですが、空気抵抗を極力下げるとともに、風圧に対する剛性も満足させています。この装置の実用化は、FRPの製造技術かポイントなので、開発当初から、プロジェクトに参加させていただきました。「流線形ダクト」を垂直方向に数を増やせば、発電量を増すことが出来ます。それ故、敷地が狭くても、必要な発電量を得ることは可能となります。また、「流線形ダクト」はトラックで運べますので、従来の「プロペラ式の発電装置」に比べて運賃は安くすみます。「流線形ダクト」方式の風力発電装置は、風力発電装置の導入を考える一般企業に手の届く価格になったものと思います。
我が社の自慢
風力発電装置、産業用機器のFRP加工だけでなく、車のモデルも手掛けています。これらの製品は自社の販路を広げる目的もありますが、感性や技術を高める意味ももっています。その他に、FRPの廃棄物を粉砕する機械を製造販売しています。FRPの残り物やクズはこの機械で粉砕された後、建築材料やエクステリア品に変えて利用されています。当社の粉砕機はコンパクトでパワフル、且つ頑丈です。

このページを印刷する方法