ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■プラスチック・ゴム
 タテックカブシキガイシャ
タテック株式会社

透明度が高く、反りの少ないプラスチック成形品の製造工法
企業情報
 住所 〒370-0615 邑楽郡邑楽町篠塚4013-7
 TEL 0276-88-3915
 FAX 0276-88-3924
 URL http://www.osk.or.jp/manufacture/plastic/
ttec_f/index.html
 E−mail t-tec@abox2.so-net.ne.jp
 
会社概要
 代表者氏名 舘野 浩二
 主要製品 プラスチック射出成形品製造
 資本金 2,000万円
 設立年月 昭和52年1月
 従業員数 23人
技術の名称 透明度が高く、反りの少ないプラスチック成形品の製造工法
技術の内容
家電向け冷蔵庫の庫内野菜BOX、ボトルラック、トレー等は材料的には安価なPS材で高い透明度を要求され、また注入ゲートも1点で、反りについても規制され、モノによっては、抗菌剤入りとなり、作り難い部品となっています。さらに安い中国製プラスチック部品との競争にもなっています。当社は長い経験から、インジェクションマシンの溶解部のスクリューを、業者との仕様の詰めを行って導入すると共に、金型については、冷却水3温度分流管理(15度、30度、60度)を確立し1点注入ゲートでも反りの少ない製品を製造しています。他社にない独特の製造工法にて品質的にも高い評価を得ています。
我が社の自慢
ある大手冷蔵庫メーカには、庫内の透明プラスチック部品についての信頼性の高さから、当社がほぼ100%を供給しています。また金型は韓国製を採用しており、新製品導入時には、必ず韓国へ行き、金型工法の製造指導をし、当社での製造時の問題発生を最小限に抑えています。日本国内で製造している中型製品のプラスチック部品については、技術的にも、総合としてのコスト的にもまだまだ中国製品には負けない自負があります。社内的にはリサイクルを考慮した製造工場としています。

このページを印刷する方法