ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■建設・建築
 コバヤシコウギョウカブシキガイシャ
小林工業株式会社

企業情報
 住所 〒371-0024 前橋市表町2-11-8
 TEL 027-224-1751
 FAX 027-223-6756
 URL http://www.kobayashikogyo.co.jp
 E−mail yuu@kobayashikogyo.co.jp
 
会社概要
 代表者氏名 小林 要一
 主要製品 建築・土木工事
 資本金 9,500万円
 設立年月 明治13年
 従業員数 70人
技術の名称 ウッドチップ平板「クール上手」
技術の内容
県産間伐材の端材(以下ウッドチップ)を主原料とした平板です。ウッドチップを容積比率で約50%使用しており間伐材の有効利用と言えます。又、コンクリート製品と比べ適度に柔らかく、滑りにくい特性を持ち、重量も約半分となります。透水性・保水性に優れ、30cm×30cm×6cmのウッドチップ平板で約1.2リットル以上保水することができ、飽和状態になると透水し水を地面に帰します。現在、ヒートアイランド対策として打ち水の効果が注目されていますが、この製品はこの高い保水能力により打ち水効果が持続します。
我が社の自慢
当社は前橋に本社を置き、総合建設業を営んでおります。創業は1880年と古く、今年で創業126年を迎えます。しかしながら、公共工事削減など今までの請負体質からの脱却を図っており、本業の建設業の他にも「環境」にキーワードを置き新しいことに挑戦しております。
また、産学官連携事業など積極的に行っております。この製品はその産学官連携事業で研究を行っていたなかで副産物的にできあがったものです。保水性舗装・保水性平板はヒートアイランド対策として注目されています。また、県産の間伐材の端材を利用していることから、2重で環境に配慮していると言えます。

このページを印刷する方法