ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■化学・飲料・たばこ・飼料
 ジャパンケミテックユウゲンガイシャ
ジャパンケミテック有限会社

企業情報
 住所 〒373-0019 太田市吉沢町1058-5
 TEL 0276-45-1500
 FAX 0276-45-1502
 URL http://www.japan-chemitech.jp
 E−mail webmaster@japan-chemitech.jp
 
会社概要
 代表者氏名 富澤 靖雄
 主要製品 各種表面処理剤
 資本金 300万円
 設立年月 平成17年2月
 従業員数 2人
技術の名称 光ディスクの傷防止技術開発
技術の内容
従来、光学ディスクの表面を、コーティング剤で硬質皮膜を形成して保護するという考え方はありませんでした。また、擦り傷により音飛びや再生不能に陥ったディスクを復活させたい場合、現在はディスクを傷の最深部まで物理的に研磨し、傷を無くすという方法がとられています。しかし、弊社のコーティング剤は、ディスク表面の傷を埋めることで正常な再生を再び可能にするという、かつてない発想と技術のもとに誕生したものです。勿論CD/DVD-RWへの書込みも可能です。弊社のコ・ポリマーの持つ優れた架橋分子構造と、光学ディスクの記録面に沿って柔軟に吸着する共鳴吸着理論とが相まって、常温かつ速乾性の硬質皮膜形成を可能にしました。
我が社の自慢
光学ディスクの保護層には決まった厚みがある為、削れる厚さには限界があります。しかし、弊社のコーティング剤はディスク表面の傷を埋めることで正常な再生を再び可能にするというもので、かつ何度でも上塗りが可能です。大切な記録を保護し、擦り傷により再生不能となってしまったディスクを蘇らせることで、ディスクの廃棄を極力抑え、少しでも資源を大切にしていくことに一役買えるものと確信しています。又、OEM少量生産も承ります。
さらに、今後市場の拡大が予測されるブルーレイディスク市場にもいち早く対応。本液で修復できなかった深いディスクの傷も、専用のキズ除去装置を開発したことで、再生不能で諦めていたディスクを新品の常態に復活させることが可能になります。ブルーレイディスクはもちろん、DVD、CD全てに対応いたします。ディスクの診断、修復サービス(有料)は、2010年1月よりサービス開始予定。

受注情報
工業用、一般用を問わず、各種洗浄剤・クリーナー・表面保護剤等あらゆる液体開発を小ロットから開発販売いたします。
※作成例  携帯電話表面保護剤、釣具表面保護剤、除菌剤、消臭・防臭剤、アルカリ性・中性・酸性洗浄剤、塩分中和剤、化粧落とし、虫取り、たんぱく質分解洗浄剤、物流資材防汚剤等他多数。

このページを印刷する方法