ぐんまの優れたものづくり企業
トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■金属
 カブシキガイシャトミショウ
株式会社富商

アルミとCFRPによる積層高比強度複合材への硬質アルマイト処理
企業情報
 住所 〒372-0811
群馬県伊勢崎市若葉町22−17
 TEL 0270−25−5519
 FAX 0270−26−6172
 URL http://www.tomisho.co.jp
 E−mail yoshiyasu.utsugi@tomisho.co.jp
 
会社概要
 代表者氏名 富永 連
 主要製品 アルミニウム加工品の製造・販売
 資本金 3,000万円
 設立年月 昭和23年3月
 従業員数 54名
技術の名称
アルミとCFRPによる積層高比強度複合材への
硬質アルマイト処理
技術の内容
当社の『硬質アルマイト』処理は、低温、大電流密度で陽極酸化皮膜を行うものです。一般アルマイトでは得られない硬質皮膜(膜厚150μ、硬度Hv400)が得られます。大型電解槽(L3000×H1500×W1000)を使用することにより、アルミ+CFRPの高比強度積層複合材への表面処理が可能になりました。高比強度複合材の硬質処理技術は他の追随をよせぬ処理技術です。
我が社の自慢
硬質アルマイト専用の大型電解槽は、ロール製品などの特注の大型ワーク(冶具を含む最大重量300kg)の処理も可能です。膜厚は150μ(※)まで、表面硬度はHv400までの処理を可能とし、製品に対して高い耐摩耗性、耐食性を付加します。(※鋳物、2000系:5〜6μ、5〜6000系:150μ)

受注情報
『硬質アルマイト』処理専門工場としては最大級の大型電解槽(L3000×H1500×W1000)により、特注の大型ワークの処理も得意です。また、多品種少量ロットのワークについては短時間処理が可能となり、納期の短縮とコストダウンに大きく貢献出来ます。
このページを印刷する方法