トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■建設・建築
 カブシキガイシャクロイワソクリョウセッケイジムショ
株式会社黒岩測量設計事務所

 住所 〒371-0044 前橋市荒牧町547
 TEL 027-234-6601
 FAX 027-234-6607
 URL http://www.kuro.ne.jp
 E−mail k-higuti@kuro.ne.jp
 
 代表者氏名 黒岩 保弘
 主要製品 地盤及び構造物設計
 資本金 1,000万円
 設立年月 昭和40年1月
 従業員数 18人
 半水石膏を用いた現地発生土の土質改良による再利用技術
老朽ため池の主構造物である堤体改修で生じる建設汚泥に半水石膏を混合した改良土で再築堤する現場内利用技術である。半水石膏は水と反応して固まる特性があり,廃石膏ボードの再生利用としても得られる。従って当技術は”建設汚泥の現場内利用と廃石膏ボードの再生利用”という2つの環境課題を解決し,循環型社会の構築に寄与することを特徴とする。
老朽ため池の堤体改修で発生する建設汚泥処理は大きな環境課題である。当社は半水石膏を用いた建設汚泥の改良土で築堤する技術を確立した。この技術を設計に採用し環境課題解決を計っているのは現在,群馬県内では当社のみである。この技術を用いた堤体が3年以上経過し安定性が実証されている。

平成18年の老朽ため池改修工事でこの技術を採用し,築堤後3年以上経過している。
平成21年に計画した老朽ため池改修で発生するヘドロ状の堆積土に対して,平成22年に室内試験を行い半水石膏の配合量を決定した。

このページを印刷する方法