トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■金属
 キンゾクギケンカブシキガイシャ グンマコウジョウ
金属技研株式会社 群馬工場

 住所 〒370-1132 佐波郡玉村町下新田983
 TEL 0270-65-5811
 FAX 0270-65-5815
 URL http://www.kinzoku.co.jp
 E−mail
 
 代表者氏名 長谷川 数彦
 主要製品 HIP処理、熱処理、ろう付処理
 資本金 28,800万円
 設立年月 昭和35年2月
 従業員数 94人
 HIP装置による粉末焼結、異種金属の拡散接合、精密鋳造品の内部欠陥除去等の処理技術
HIP処理とは、ヒーターが内蔵された高圧容器内に処理物をセットし、容器内に高圧のアルゴンガスを導入しながら加熱する処理技術であり、この高温と高圧との相乗効果を利用して、@粉末の加圧焼結、A仮焼結品の高密度化、B鋳造品の内部欠陥除去、C異種金属の拡散接合を行っている。また、カプセリング技術などのHIP周辺技術も充実させている。
 「the metal solution」と銘打って、顧客要求に対し設計段階から参画し、弊社保有の先端技術(解析・分析、精密機械加工、HIP処理、熱処理、ろう付処理、超塑性成形、ホットプレス処理、電子ビーム溶接等)を総合的に提供することで、単品部品はもとより、大型装置の製作ならびに量産品など、一貫したものづくりを実現している。

HIP処理による高純度粉末や新素材粉末の焼結、セラミックスの高密度化、複合材料の製造、特殊部品の拡散接合、精密鋳造品の内部欠陥除去など受注が増加しており、なかでも大型液晶テレビ用高純度ターゲットの焼結や、火力発電所用大型ガスタービンブレード(精密鋳造品)については多くの受注をいただいている。

このページを印刷する方法