トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■その他
 カブシキガイシャアオヌマキキンゾクテン
株式会社青沼貴金属店

 住所 〒377-0006 渋川市行幸田40-8
 TEL 0279-22-0520
 FAX 0279-22-0564
 URL http://aonuma.jp
 E−mail info@aonuma.jp
 
 代表者氏名 青沼 知行
 主要製品 宝石・貴金属・メガネ・時計・小売販売業
 資本金 700万円
 設立年月 昭和32年4月
 従業員数 12人
 七宝製ジュエリー
18金やプラチナなどの貴金属地金を下地にして、釉薬を塗布し、後に高温(750℃〜800℃)で焼付け、色つきのガラス質&光沢を出すように仕上げています。精度の高い原型を使用している為、難易度と完成度の高い仕上がりとなっています。
従来より存在する「エナメル」・「エポキシ」を使用したアクセサリーなどとは、全くと言って良いほど完成品の上質感が、格段に高く、下地になっている貴金属の柄や彫の部分が、微妙に表面に映し出され、単なる色合いの付いたジュエリーではない事を表わしています。新しいカタチの手造りジュエリーとしての位置づけを目指しています。
旧来、「七宝」といえば安易な”ご近所芸術”と思われる方も多いと思います。ところがこの装飾技法の歴史は大変に古く、古代エジプトの「黄金のマスク」や「古代ギリシャ」の時代にまでさかのぼります。青沼貴金属店はオリジナルジュエリーを提案する会社です。弊社では出展社名【Vert Oro】(日本国内商標登録済み)の名前で、香港ジュエリー&ジェムフェアに昨年6月・9月、本年6月・9月の4回に渡り出展し、独自に「和」を心がけたデザインで「七宝ジュエリー」を世界各国の方々に披露しています。
現在、日本国内からの出展は弊社のような小売店からの出展はほとんど見当たらず、体勢が大手メーカやー商社・世界的に著名なジュエリーデザイナーのみ出展するところであり、昨年より世界一の規模の国際トレードショーとなった今、世界の現実的ジュエリー動向を知る上で今後も重要な位置にある集まりとなっています。(http://exhibitions.jewellerynetasia.com)そのような中で、今回の写真の「七宝・金魚」は現在類似品もなく、七宝シリーズの中でも、回数を重ねる中で各国多岐にわたり人気が出てきています。

受注実績:
2010年6月発売の七宝金魚/22本(国内・6本 国外・16本)
受注対応:
在庫の場合は現品販売。非在庫の場合は制作25日後納品。

このページを印刷する方法