トップページへ | 選定技術分類一覧へ | 年度別選定企業一覧へ
 ■一般機器
 カブシキガイシャマスダケンキュウジョ
株式会社増田研究所

 住所 〒373-0819 太田市新島町341-1
 TEL 0276-49-0474
 FAX 0276-49-0473
 URL http://www.masuda-research.co.jp
 E−mail info@masuda-research.co.jp
 
 代表者氏名 細川 俊介
 主要製品 家庭用小型脱臭器、プラズマ応用製品(脱臭、オゾン発生、殺菌等)、受託研究
 資本金 1,000万円
 設立年月 昭和62年2月
 従業員数 7人
 高濃度オゾン発生技術
本技術の核となるプラズマ技術は沿面放電によりなされるが、放電している沿面放電に酸素を通気させるとオゾンが発生する。この沿面放電素子の操作により常圧下の業界最高濃度を達成することが可能である。また、他方式と比べ沿面放電を用いた場合、発塵を低く抑えることが出来る点も優位性として指摘されている。
大学の研究室を起源とする当社では、プラズマ技術を核とした各種応用を行っており、沿面放電素子に関しては創業以来量産化し二十数年の実績がある。また、極微量なオゾンから業界最高であるオゾン濃度(400g/Nm3 ※)まで幅広くオゾン発生させる技術を保有している。(※オゾンは高濃度になると青色を呈する−上図参照)

当社の核となる技術はプラズマ応用技術であり、関連した研究、各種受託研究及び開発を得意としている。
大学や研究機関との親和性も高く、特殊電源の開発、プラズマ発生、放電等について受注頂いた実績がある。

このページを印刷する方法